フェアリー(ピース楽譜出版)
  対応アーティスト   曲目検索
 
商品一覧 通信販売 事務局よりお知らせ
FAQ
TypeLE(オンデマンド楽譜) 投稿楽譜 リクエスト
お問い合わせ
FLASH挿入部
 
■商品名 : サクソフォン四重奏による「死せる王女のためのパヴァーヌ」/ラヴェル(Ravel)
(管楽器&その他合奏譜を収録) 投稿者:志田 正次
■コード : (JAN)4533248119471 (ISBN)9784777698820
■商品番号 : LW30
■定価 : 定価2200円(本体2000円+税)
■商品説明 :
  【クリエイターズ スコア】この商品は 志田 正次様による投稿作品です。
 

投稿者:志田正次 編曲:志田正次
サクソフォン四重奏(SATB)

 (キー)G (難易度)中上級

(投稿者コメント)
「死せる王女のためのパヴァーヌ」は、フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲で、後にラヴェル自身が管弦楽曲に編曲した大変美しい曲です。

ラヴェルがルーヴル美術館を訪れた際、17世紀スペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが描いた「マルガリータ王女の肖像画」からインスピレーションを得て作曲したとされております。

パヴァーヌとは、16〜17世紀にかけてヨーロッパの宮廷で流行した舞踊ですが、優雅でラヴェルらしい繊細さを持つ美しい小品であると思います。

今回は、この佳曲を原調(G)のままサクソフォン四重奏(SATB)版にarrangeしてみました。
サクソフォンarrangeに際しては、ラヴェル特有の響きを大切にしながら、細部にわたりアーティキュレーションを付してみました。